脂漏性脱毛症

育毛剤と発毛剤の主な違いは? - 人気の脂漏性脱毛症の対策

育毛剤と発毛剤の主な違いは?

近年、発毛、育毛、養毛に加えて増毛等々髪の毛のケアに関するワードが氾濫しています。このうち、増毛は、薄毛に対して人工的な手を加える技術のことを指す言葉ですが、その他の発毛、育毛、養毛については、はっきり言って明確な区別はありません。

 

育毛剤と発毛剤の違いについても同様なことがいえます。強いて言えば、医師の処方箋や、薬剤師の説明等を必要としているものが発毛剤、一般のドラッグストアなどで自由に買えるのが育毛剤ということもできますが、規定そのものが、それぞれに含まれている成分および、その含有量により分別されることから、発毛剤というネーミングを使用しているものでも、例外になることがあります。

 

一例を挙げると、ミノキシジルは、多くの育毛剤でも使われている脱毛回復の効果が認められる有効成分ですが、大正製薬のリアップは、同じくミノキシジルを主成分とした発毛剤として販売されています。

 

 

購入するためにリスクと制限がある育毛剤と発毛剤

リアップは、もちろん一般のドラッグストアで販売されていますが、主成分の配合割合に基づいて決められている第1類医薬品の適用を受け、薬剤師の説明を受けなければ購入することができません。

 

また、個人輸入などの方法で、海外の発毛剤や育毛剤の購入をする際には特に注意をしなければいけません。

 

何故なら、海外で販売されているものの中には、日本で認可されていない成分が配合されていることがあり、これらの発毛剤や育毛剤により重大な副作用が発症したというような事例も報じられています。

 

充分に気をつけましょう。またミノキシジルやフィナステリドなど医薬品として配合されている濃度の限界は決まっていますが、海外の発毛剤では日本で認可されている配合成分よりも配合量が多いのもありますし、育毛シャンプーにも配合されている場合もあります。

 

個人輸入はネットを通じて気軽にできるような時代にもなってきているので、自己責任という形で購入するという形が多いです。不安に感じる場合には国内の育毛剤をしようしていくとよいでしょう。