まずはじめに皮脂量が多くなるのはDHTが過剰に生成されている可能性がある

育毛を成功させるためには頭皮環境を整えることが大切です。
頭皮環境を劣悪にする原因として、過剰に皮脂が分泌されてしまうことが挙げられます。

 

本来であれば適度に皮脂が存在していることで乾燥から防ぐことができるため必要になりますが、過剰に皮脂が分泌されてしまうと毛穴を詰まらせてしまったり、雑菌が繁殖して炎症を引き起こしやすくなってしまい頭皮環境が悪化してしまいます。

 

育毛に良い環境を整えるためにも皮脂量を抑制することが必要になります。そのため育毛剤でも皮脂量を抑制する成分が配合されているのがポイントになります。

 

皮脂量が過剰になるDHTをブロックする育毛剤の成分は?

まず過剰に皮脂を分泌させている原因はDHT(ジヒドロテストステロン)が過剰に生成されている可能性を疑ってください。
特に生え際や頭頂部の薄さが気になってる方の場合はDHTの影響で過剰に皮脂が分泌されている可能性が高いと考えることができます。
DHTの生成に関わる5αリダクターゼを阻害する効果がある育毛剤の成分によって皮脂を過剰に分泌させないようにすることも期待できます。
5αリダクターゼを阻害する成分として知られているのは医薬品のフィナステリドがあります。

 

医薬品は医師の診断が必要ですので、通販で同様の効果が期待できるも育毛剤としてノコギリヤシエキス、オウゴンエキス、亜鉛などがありますので参考にしてください。医薬部外品の育毛剤では、副作用の心配がありませんが、医薬品ではないため、効果がどれほどあるのか?というと個人差が非常に激しいということを少し踏まえておくとよいでしょう。

皮脂量を抑制すると得られる効果は?

場合によってはDHTは関係がなく皮脂が過剰に分泌されている可能性も考えられますので成分そのものが皮脂量を抑制する効果が期待できるものも覚えておきましょう。

 

カシュウという植物由来の成分は頭皮の余分は皮脂を取り除く効果が期待できると言われています。
イオウは角質を柔らかくして剥がれやすくする効果があり毛穴の汚れを取り除き皮脂も抑制する効果があると言われています。
ビタミンB6も皮脂量を抑える効果があると言われています。これらの成分が同時に育毛剤に配合されているとは限らないので、しっかり成分を見て育毛剤を選んでみてください。

 

このように頭皮環境を悪化させる余分な皮脂量を抑制する効果が期待できる成分は色々ありますが、忘れてはいけないのが皮脂は決して不必要なものではないということです。

 

あくまでも過剰に分泌されてしまう皮脂が問題になるのであって、皮脂を完全に取り除くまで必死に考え過ぎないようにご注意ください。

 

皮脂量を抑制するのに良い育毛剤の成分は?おすすめ記事

  • 育毛剤の使い方

  • このページの先頭へ戻る